キツネとイルカ

日常的なことをまとめます

生命力

そしてそのことの恐ろしさに気づいている人はめったにありません。 何かをほしいと思い、そのために行動を起こす、それこそが動く生物、動物である人間が幸福にクラス原点です。 今その原点が破壊されつつあるのです。

それは人間の生命力の衰弱の兆候です。 何かを食べることをうれしいと思うのと同時に、何かをすることを面白いと思い、眼をきらきらさせてそれに取り組んでいく生命力が子どもたちから失われつつあることを知ってほしいと思います。

現代はバースコントロールが容易ですから、子供は親がくみたいと思う時に慣れてきます。 シミウスの価格

広告を非表示にする